2015ひょうご文化交流のつどい

日時…平成27年12月16日(水)

会場…ホテルオークラ神戸 平安の間

主催…公益財団法人 兵庫県芸術文化協会

クリスマスのイルミネーションが神戸の街を彩る年の瀬、 恒例の『ひょうご文化交流のつどい』が盛大に開催されまし た。

書作家協会からは20名の方が参加され、各界からの出席者は500名を数えました。

初めに主催者を代表して兵庫芸術文化協会理事長木村光利様の開会宣言。続いて同協会会長井戸敏三兵庫県知事よりご挨拶を賜り、その中で知事は「心の復興はすなわち文化の復 興」とし、今後とも芸術文化立県『兵庫』を目指す、との力強い抱負を述べられました。

2015%e6%96%87%e5%8c%96%e4%ba%a4%e6%b5%811 2015%e6%96%87%e5%8c%96%e4%ba%a4%e6%b5%812

同時に行われた県芸術文化奨励賞の贈呈式では5名の受賞者に井戸知事より賞状が手渡され、その席での受賞者によるコントラバスの演奏やソプラノの響きは会場を魅了しました。

2015%e6%96%87%e5%8c%96%e4%ba%a4%e6%b5%813 2015%e6%96%87%e5%8c%96%e4%ba%a4%e6%b5%814

後半の懇親会では『乾杯の歌』に合わせ参加者全員が高らかに歪を上げ、大きな交流の輪が拡がりました。 また各テーブルでも分野を超えた芸術談義に花が咲き、互いの親睦を深めると共に更なる飛躍を誓い合いました。

華やかに飾られた花々に目を楽しませて会場のホテルを後にした時、師走にはめずらしく心地よい潮風の中で和やかな文化の余韻に浸りながら家路につきました。

(理事 佐井 麗雪)

Posted in 報告.